ブログ

久しぶりに街へ。

緊急事態宣言が一部解除となり、

今まで閉店していた店が営業を再開したりして、人出が少しずつ増えてきました。

 

今日は無印良品で買いたいものがあったので、

久しぶりに隣町まで買い物に行くことに。

開いてるかな~、と思いながら行ってみると、

満車になるくらいの結構な人出。

目的の買い物を終えて、ついでだから街の様子を見てみようと思い立ち

ドライブがてら散策することに。

 

キョロキョロしながらの運転で、危ないと思いつつ

ついつい右や左の街並みを見たり、人の行き来を見たり。

すると、殆どの店が営業を再開していて、

人の多さも8割ほど戻ったような感じ。

よく行くイオンにも行ってみたら、

衣料品店や専門店街のブティックなんかも開いてて、

やっと日常が戻りつつあるんだな~と実感しました。

 

でも、やっぱり

出社する時以外は、外出といえばずっと近所のスーパーくらいだったから

自分でも知らず知らずのうちに、鬱憤がたまっていたのかなぁ。

短時間だったけど、

5月の風を肌に感じながらの久しぶりのドライブは

とっても気持ちよくて、何とも言えない爽快感でした!!

ただ、今日は天気が良かったし気温が高かったから

さすがにマスクは暑かったけど(;´Д`)

 

このコロナの件で、皆さんよく

「人と人とが会うことやつながりというものの大切さが身に染みてわかった」

と言われます。

ひと頃は、人と人とがリアルに会うことが減ってきたとか

特に子供たちはゲームが普及してから、外で友達と遊ぶことが少なくなったり

若い人たちはSNSの世界だけで友達を作ったり会話したりする方が多くて、

現実の人との触れ合いが少なくなっていた傾向にありました。

でも、このコロナの自粛生活を経験して

人に会いたくても会えない、という辛さや

人と直に会う温かみというものを身をもって知ることになって

コロナの影響って悪いことばかりじゃないんだなぁ~と

思っています。

 

コロナの影響、といえば

大沢たかおさんが先日ファンに送ってくれた情報では、

「世界のいくつかの国で海洋生物が海岸に近寄ってきているらしい。

空も澄んで綺麗だと聞きました。」と。

大沢さんは海外にお知り合いがいらっしゃるから

そういう情報が入ってくるんですね。

すごく納得しました。

まさに、人間が居ない世界では動物も植物も空気もすべての自然が

生き生きと本来の姿を取り戻しているのでしょう。

今まで、人間がいかに自然を破壊してきたのか、

そのツケが回ってきているのかもしれません。

コメントを残す