ブログ

冬の風物詩「牡蠣小屋」へ。

昨日、福岡と大分の県境近くにある豊前市にある

牡蠣小屋に行って来ました。

http://www.umiterrace-buzen.com/

以前から行きたいと思っていた

「漁師食堂 うのしま豊築丸」という店があって、

そこに今年1月に焼き牡蠣の小屋がオープンしたという情報を

ネットで知り、母と母の友人を誘って行ってきました。

毎年、糸島の牡蠣小屋に行っていたんだけど、

なんせあの人の多さと行列と行くまでの距離を考えると

断然こちらの方が近いし、安い!!

 

でも、やっばり知ってる人は知っていて

11時オープンということなので、

その時間に合わせて行ってみると、すでに駐車場は満車。

たまたま、出て行った車が1台あったから止められたから良かったけど。

 

 

ここは漁協直営で、毎日水揚げされた新鮮な魚介を

1階のいけすで販売していて、それを購入して持って帰るのもよし

浜焼き小屋で焼いて食べるのもよし。

私たちのように今の時期は牡蠣を購入して

焼いて食べる人が多かったようですが、

2階の食堂も人気で、鱧の天丼や海鮮丼や定食物など

季節ごとにメニューを変えて提供しているようです。

 

私たちは焼き牡蠣が目当てだったので、

牡蠣とイカとエビとホタテを買って焼いて食べました。

豊前の牡蠣は小粒と言われていましたけど、

食べやすい大きさだったし、

やっぱり炭火で焼くと美味しい!!

たまに、自分たちのもそうだけど周りの人たちが焼いている

牡蠣から「ポン!!!!」って大きな音とともに殻が弾けて、

そのたびに恐々おずおずしてたけど。(^-^;

でも、母も母の友人もお腹一杯牡蠣を食べて満足してくれたようで

私も連れて行った甲斐がありました(^^♪

 

 

帰りに、近くの「金富神社」

という神社に立ち寄りました。

 

えぇえぇ、そうです。

“金富”  という名前に惹かれて。

わかりやすい性格ですみません(≧∇≦)

小さな神社で、巫女さんも誰もいないので御朱印も頂けなかったけど、

金富の名前にあやかって金運のお願いをするべくお参りしました。

近くにあった須佐神社というところにも足を運んでみましたけど、

そこも無人でした。

ただ、神社のそばに咲いていた桜が印象的でした。

ここ数日はやっと冬らしい寒さになったものの、

やはり今年の暖冬の影響を実感しました。

 

コメントを残す