ブログ

原作を読んで映画を観ると。。

こんにちは。

今日も映画のお話です。

私、映画が大好きで。

基本、一人で観に行きます。

誰にも邪魔されずに、その世界観に浸りたいから。

映画が好きになったきっかけは、大学生の頃に初めて観た「ロッキー」。

あの最初の有名な曲がジャーーーーーン!!と流れて

R  O  C  K  Y   ってタイトルがゆっくりとスクリーンに表れた時、

ひぇ~~~!! かっこええ~~~!! って、

田舎者の私は初めて一人で観る映画に興奮したのです。

それ以来、一人で観る映画に病みつきになりまして。

 

元々読書が好きだったので、

原作から映画になって話題になったりすると

どんな風に演出しているのか、脚本はどうなっているのか

どんな俳優が演じているのか、

すごく気になってしまって観に行きたくなります。

でも、私が読んだ本の中で映画化されて観た映画は、

殆ど「やっぱ原作の方がいいなぁ~」と思いました。

というか、原作と映画は別物、と思った方がいいということを

やっと認識しました。

 

数百ページにもなる物語を

平均2時間という限られた時間の映画で

微妙な表現を細部に至るまで演出するのは無理があるし、

本で読んだ時の感じ方って読む人の主観というか

捉え方で千差万別だから、

映画というリアルな映像で監督が表現するものとは

違って当然のことですよね。

それに、セールス的に多少大げさな脚色をしないと観客は来ないし。

 

昨日、紹介した「スマホを落としただけなのに」も

口コミではさほど高い評価は得られてないようですね。

私が思うに、本を読むと想像力が広がるから

勝手に期待してしまうんでしょうね。

 

でも、もう一つ

やはりオーディオブックで聞いて面白かったのが

公開中の『億男』。

http://okuotoko-movie.jp/

佐藤健さん、高橋一生さん、北村一輝さんと

好きな俳優さんばかり出てるので

ちょっと興味があります。

ストーリーも面白いし。

ネタバレしたらいけないので詳しくは書けませんが、

人間、大金を手にしたらどうなるか、

戸惑ったり、色んな駆け引きがあったり、恐れもあったり、

友情、裏切り、家族愛などなど、

お金と愛について考えさせられるストーリーです。

やはりこちらも、面白くなかったという口コミもちらほら見受けられますが、

今度の週末、時間があったら観に行ってみようかな、って思ってます。

 

因みに、

私が唯一原作より映画の方が感動したのは

『マディソン郡の橋』です。

メリル・ストリープとクリント・イーストウッドの

名演が素晴らしかった!! 

あんな恋愛してみたいと思いました。(*^_^*)

 

コメントを残す