ブログ

在宅勤務となりました。

今日、4月13日(月)から

在宅勤務となりました。

先週の金曜日に会社支給のノートPCとモバイルWifiが届き

テレワークの準備を整えていました。

家で仕事をするなんて慣れないせいか

何だか変な感じで落ち着きません。

まぁ、通勤電車に乗らなくていいのと

メイクをしなくていいのと、普段着のままで過ごせるのは

とても快適だけど。(;^ω^)

 

東京本社ではすでに先月末から在宅勤務を始めていて

福岡の方には何も音沙汰がなく、見捨てられた感満載で

どうするつもりなんだろう、とみんなで話していた矢先に

緊急事態宣言が発令されたことで自主的に在宅勤務に踏み切り

本社には事後承諾という形になりました。

でも、本社にはどうしても出勤しないと仕事ができない人が1人いて

頑張って出社しています。

 

どうしてもその人でなければいけないという業務内容ではないので

1日か2日くらいは交代して在宅勤務させてあげればいいのに、

誰もその件については進言しません。

福岡のオフィスに対する処置もそうだけど、

今回のこの騒動に関しては会社の対応に

不信感と不公平感ばかりが募ってしまいます。

 

会社ばかりではなく、

今の日本の政府、そして緊急事態宣言が発令されたにも関わらず

意味もなく外出している人達にもニュースを見聞きする度に

毎日憤りを覚えています。

もともと、今の日本の政治家には不信感と諦めしかなくて

期待することもなかったけれど、

ここまで無知で無能で世間知らずだとは思いませんでした。

怒りを通り越して、あきれています。

 

明日の食事をどうしようかとか、

今日寝るところを探さないといけないとか、

そんな人たちが巷に溢れているというのに、

政府のお役人や官僚たちは、びた一文給料も減らず

ましてや6月の賞与も数百万という金額が支給されるとか。

この人たちが美味しい食事をとり

豪華な邸宅に住み、海外旅行にも行き、

高価な衣服に身を包んでいられるのは

一体誰のおかげなのか、

考えたことがあるのでしょうか。

全ては私たちが日々働いて、国のためにと思って納めている

税金です。血税です。

どうやら、政府の方々は勘違いをしているようで、

それを自分のものと思っていらっしゃる。

私たちが納めた税金を、

私たちが支給しろ!!  と、今使え!!  と言っているのに

何を躊躇しているのでしょうか?

全く解せません。理解に苦しみます。

現金支給の件だけではなく、PCR検査や抗体検査のことも

自粛要請の対象となる店や企業の選別も、

あらゆる政策に疑問符がつきまくっていて

毎日ストレスを感じています。

 

また、政府や自治体の言うことに耳を貸さず、

「自分さえよければいい」という勝手な行動をしている人一部いたり、

スーパーに買い物に殺到する人達を見るにつけ、

日本人がいつの間にこんなに利己的で思いやりがなく

マナーを無視する人ばかりになったのかと

悲しくてやりきれなくなります。

 

かつての日本は、諸外国からも尊敬されるほど

礼儀正しく、人を敬い、節度を守り、奥ゆかしく、誠実な人種でした。

しかし、その神話はもう崩れつつあります。

緊急事態宣言が出された当初は

私も、日本人を信じていました。

「みんなで我慢して、協力して、この危機を乗り越えよう!!

そして、

やっぱり日本人はすごかった!! と

みんなで讃えあおう!! 喜び合おう!!」と

そんな風に、このブログにも書くつもりでした。

でも、どうやら私の見当違いだったようですね。

なんだか、とても寂しくて悲しい気分です。

 

それでも、昨日ウォーキングしていた時に

一瞬、この風景が撮れました。

長年この街に住んでいますが、

いつもなら日曜日の夕方のこの付近は

隣町まで買い物に行ったり、

どこかに遊びに行って帰ってくる車が多く、

人も歩いているはずなのに

車も人も全く居ないという風景は生まれて初めて見ました。

一瞬、この異様な風景を見て、

別の町に来たような、異次元の世界に迷い込んだような

そんな錯覚にとらわれました。

でも、これを見て、この街の人たちに感謝の気持ちが湧いて

少しだけ心が和んだことは言うまでもありません。

コメントを残す