ブログ

新型コロナウイルスの影響でマスクが無いという話から。

今、巷で騒がれている「新型コロナウイルス」。

こうなることは先月の中旬頃から予測できていました。

 

ウィルスに感染しまいと、

マスクの需要が増して爆買いする人が後を絶ちません。

都会の薬局やドラックストアやスーパーではすでに

マスクの陳列棚は空っぽとか。

私はこうなることが分かっていたので、

中国の春節の前の1月20日頃にはすでに

母に「マスクがなくなるかもしれないから買っておいた方がいいよ」と

アドバイスして購入させていました。

おかげで、マスクの心配は全くしていません。

 

つまりは何事も、一つの小さなニュースでもおろそかにせず

そこから何かを想像すること。予測すること。

ある情報をつかんだら、

そこから何が生まれるか、どうなるのかを考える習慣をつけておく。

これはとても大事なことだと思います。

 

私の周りだけかもしれませんが、

意外とこういうことってみんな考えているようで

考えていないような気がします。

危機感はある程度あっても、

「今すぐってわけじゃないし、自分の身には降りかからないだろう」

という変な自信? みたいなものがあって、楽観視している人が殆ど。

 

年金が将来もらえなくなるという話を聞いてショックを受けても、

“ではどうするか?” となると結局何もしないで

不安がってるだけ、とか。

大企業の何百人規模のリストラというニュースを見ても、他人事。

自分の会社は大丈夫、と思っている。

 

昨日、映画の『AI崩壊』を観て

AIに左右されることのないように、

人間が主導していくべきという趣旨のことを書きましたが、

AIが支配するかもしれない時代は確実に可能性があるわけで、

そういう未来を予測して、

これからの日本はどうなるのか考えてみる。

あらゆる仕事がAIに奪われる未来がやってくるということなら、

自分はどうすればいいのか、どうしたいのかを

今のうちに考えておく必要があるということです。

 

仕事だけではなくて、

食糧危機であったり、自然災害であったり、金融破綻であったりと

私たちの生活に直結する様々な問題が発生した時の対処法や備えという

ものをできるだけ考えておかないと

生き抜いていけなくなる時がくるかもしれません。

 

そのためには常日頃から

あらゆる情報に敏感になっていること、

そしてその情報を鵜呑みにせず、自分の考えで取捨選択していくことが

必要になってきます。

今まで、ポーーーっと過ごしていた数分間だけでもいいから、

新聞を読んだり、ネットのニュースに目を通したり

本を読んだり、世界で活躍しいてる著名人の話を見聞きしたり、

そういう普段の姿勢が大切なのではないでしょうか。

 

コメントを残す