ブログ

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

お正月と言えば初詣。

私は諸事情でなかなか元旦に初詣に行くことはありませんでした。

諸事情とは何ぞや?

と思われたでしょ?

あのですね、私の家庭の事情というものがありまして、

それと田舎、という決定的な環境のせいもありまして。

今でこそ、その状況は変わりましたが、

まず、私の父が存命中は、

父が長男で祖父母宅の目の前に住んでいたということもあり

お盆と正月は親戚が帰省したり挨拶に来るため、

朝から晩まで母と二人で台所に立ちっぱなしで

初詣なんてとんでもない!! という状況だったわけです。

田舎ゆえ、男どもはどっかりと座ったまま

女はせわしなく働き、

酒宴が一日中続いて、必然的に長男の嫁である私の母は

おせちどころか、こたつでゆっくりみかん、なんて

夢のまた夢だったわけで。

私も長男の嫁の長女という立場から

お手伝いをするのは宿命でもあり、

世間の人はやれ海外だの寝正月だのと浮かれているのに、

なんで私は台所でお手伝いしないといけないんだよ!!

と、お盆正月が来るのが嫌で仕方ありませんでした。

 

そしてもう一つ、

私の住む地域では、理由はわかりませんが

女は元旦の午前中は外に出てはいけないという習わしがありまして、

私も結構な年齢になるまで、その風習を忠実に守っていました。

だから、初詣といえば早くて1月2日にやっと行けるという

状況でしたが、元日の反動で出かける気にもならず

やっと母と二人でゆっくりお正月らしいお正月を迎えられると

いう、そんな環境でした。

 

今では、父も亡くなって

昔のように、慌ただしいお正月を過ごすことも少なくなり、

弟一家が大挙して来る以外は

母とゆっくり過ごすことができるようになったので、

私も初詣に行きたいなぁ~と思いつつ、

テレビでものすごい行列とか渋滞とかを見ると

それだけで気持ちが萎えてしまう性格なので

行きそびれていました。

 

でも、いつからか気が付いたんです。

初詣と言ってみんな有名な神社仏閣に行くけど、

肝心の自分が住んでいる氏神様にまずお参りして

お礼を言わないといけないんじゃないかって。

1年365日、ずっと自分の住む地域を見守ってくれている

土地の神様に感謝しなくては!!って。

有名な神社仏閣に行くより

まずは身近な自分の足元に目を向けて

感謝の念を伝えなくては!!と思い、

去年から歩いていける近所の神社に

お参りに行くようにしています。

今日も運動不足解消の為にも歩いて神社に向かいました。

冷たい風が頬に心地よく、

新しい年にふさわしく弾んだ足取りですがすがしい

気持ちで手を合わせてきました。

 

おみくじを引いたら「大吉」

なぜか、去年からずっと大吉ばかり引いてます。

逆に怖い。(^^;)

コメントを残す