ブログ

映画「ミッドナイトスワン」を観てきました。

 

草薙君主演の映画「ミッドナイトスワン」

実は、草薙君はSMAPの頃から好きで、

ドラマの「僕の生きる道」を観てから、”この人演技上手い!!”と思って。

それ以来草薙君が出演しているドラマや映画は欠かさず観てきました。

 

この「ミッドナイトスワン」も、やはり期待を裏切りませんでした。

トランスジェンダーという難しい役どころを見事に演じていました。

ヒールの高い靴を履いて颯爽と歩く様子を観ていて、

“あぁ、役作りするのに、ものすごく努力したんだろうな”って思ったり

ちょっとした仕草とか表情も研究したんだろうな、、ってわかります。

 

そして、子役の女の子も演技が自然体で上手いのにビックリ。

なんと演技未経験の新人と知って二度ビックリ。

 

 

LGBTをテーマにした映画は、今の時代を反映しているとは思います。

でも、この映画を観ても正直私にはやはりLGBTのことは理解できません。

あまりにも私が生きてきた世界とかけ離れているから。

だから、共感するという人はあまり居ないと思うけれど、

それを抜きにしても、この映画は感動を与えます。

ラストの数分は涙なくしては観られませんでした。

 

内田英治監督がインタビューで「極限の愛を描きたかった」と

言ってましたが、そのメッセージが伝わりました。

父性とは、母性とは何か。

女であっても、母性が無い人。

平気で子供を虐待する人はいる。

その一方で、体は男でも母親以上に母性がある人もいる。

そんなことを思った映画でした。

 

 

 

コメントを残す