ブログ

映画『リチャード・ジュエル』を観てきました。

久しぶりの映画鑑賞です。

本当は『ジョジョ・ラビット』を観たくて

上映スケジュールを検索していたんだけど

夕方までに帰りたかったから都合の合う時間と映画館が無くて、

どうしようかなぁ~って考えてたら

クリント・イーストウッドっていう文字が目に飛び込んで。

クリント・イーストウッド監督の作品は殆ど観ている私。

昨年末は忙しくて、

『リチャード・ジュエル』なんて映画はノーマークだった。

映画を観に行くときはストーリーとか口コミとか

必ずチェックしてから行くんだけど、

今日は何も下調べせずに「これは観に行かねば!!」と即決。

 

結果、やっぱり行って良かった。

この監督の作品に外れは無い。

 

(ここからはネタバレなので、読みたくない人は読まないで)

 

 

 

イーストウッド監督といえば、

ここ数年は実話をもとにした作品をよく作っていて、

この映画も1996年のアメリカ  アトランタで実際に起きた

爆破テロ事件を扱ったもの。

 

1996年のアトランタオリンピックが行われている最中、

音楽ライブが催されている公園で不審なリュックを発見する警備員のリチャード。

常日頃人の役に立ちたいという信念を持つ彼の、

迅速な判断と対応によって、

死傷者は出たものの、多くの人命を救うことになり

一躍有名人となり英雄ともてはやされる。

が、それはほんのつかの間のことだった。

第一発見者でもあった彼は、過去の爆弾テロの犯人像に近く

彼の軽犯罪歴と奇異な行動がFBIの心象を悪くし

その結果、第一容疑者となり、

それをリークした野心家の新聞記者が実名入りの記事を書いてしまう。

それからの彼は、平穏だった生活も仕事もプライベートもなく

すべて奪われ、人格さえも貶められてしまう。

さらに、FBIは自らの保身のために、

犯人は誰か? ではなく”リチャードありき”であり、

リチャードを犯人にするために卑劣極まりない手を使って

証拠を捏造し、リチャードを精神的に追い詰める。

しかし、唯一、リチャードを無実と信じてくれる弁護士のワトソンと共に闘うことを決意する。

 

というストーリーで、観ている最中

FBIと新聞記者に”コノヤロー、何てことするんだ!!”と、沸々と怒りが沸き上がったり、

母親の涙にほろっとしたり、

最後はジワーーーっと心が温まって

飽きさせることなく2時間があっという間に終わりました。

 

クリント・イーストウッド監督は、この映画について

「今、われわれの周りで起きていることとすごく似ている」と言っています。

SNSやニュースなど、一度世間に知れ渡ったら

それを確かめもせずに、寄ってたかって当事者を責め立てる。

何が真実で何が嘘なのか、何も知らないのに

さも知っているように拡散したり、尾ひれをつけて言いふらしたり。

似たような事件は最近の日本でもありました。

怖い世の中です。

 

そして、リチャードの正義感もこの映画の一つのポイントだと

私は思います。

幼いころから、保安官だった父親の教えを守って

法を遵守すること、人のためになることをすること、

法の執行官になることを夢見てきた彼にとって

爆破事件の時の行動は当たり前のことであったはず。

その想いを無残に踏みにじってしまうFBI。

 

正義とは真実とは何か、とふと思いました。

 

人は権力を前にすると無条件で信用する。無力になる。

 

でも、もしかしたら、

ただの義務でパトロールしている警察官より

道端に寝ているホームレスが人を救うかもしれないし

教育委員会の長や校長先生より

学校の売店でパンを売っているおばちゃんの方が

生徒の味方になってくれるかもしれないし、

握手を求めて愛想笑いをしている政治家ではなくて

近所の八百屋のおじさんの方が真実を語るかもしれない。

 

人はその仕事や肩書や立場ではなく、

結局はその人が持っている本質とか人格が、

正義や真実となって現れるのではないかと私は思うのです。

 

 

コメントを残す