ブログ

母とお伊勢参りへ⑧

【3月23日(土)~3月24日(日)】

何とか間に合った特急に乗ったものの、

飲物も何も買う時間が無かったので、

約1時間40分の間母が買っていたわずかな水を

2人で分け合って飲み、

「コーヒーが飲みたいなぁ~」と思いつつひたすらガマン。

大坂の鶴橋駅に着いて、順調に電車を乗換え

大坂南港ターミナルには16時半頃到着。

 

帰りの船も同じタイプの船室で、

出港時間も到着時間も夕食その他諸々全て同じなので、

要領はわかっているから、

部屋で荷物を解放したら、とっとと大浴場に行って

旅の疲れを癒すべくお湯につかってリフレッシュ。

 

今度もまた学生が沢山乗ってて、

夕食の時間前なのに待ちきれない学生たちの長い列を目にしていたから、

少し遅めに夕食を摂りにロビーへ。

生ビールを呑んで、今回の旅に想いを巡らせたひと時。

レンタカーの出来事もその頃となっては苦笑いできる程余裕ができて(*^_^*)

 

この航路は瀬戸内海を通るため、

「来島海峡大橋」「瀬戸大橋」「明石海峡大橋」を海の上から見ることができる。

でも、行きの時は深夜から早朝の時間に通るため私はベッドの中で夢の途中。

およそ見ることは叶わないと思っていたけど、

帰りはまだ早い時間に「明石海峡大橋」なら見ることができる!!

ということで、メチャクチャ寒風吹きすさぶ中、

船の甲板で必死で写真を撮ってみた。

でも、寒さで手が震えてうまく撮れず。(>_<)

仕方なく、どんなものだったかは公式HPから写真を拝借。

(明石海峡大橋のライトアップを見渡せるベスト夜景スポット10選より)

 

3つの橋の内、1つでも見られたことで良しとすることにし、

翌日も早朝の帰港となる為、部屋に戻って早めに就寝。

 

門司港には予定通り5時半に着き、

ゆったりステイの予約をしていた為、朝食を簡単に摂って

7時頃下船。

下船の前に船から見えた朝日がとても綺麗だった。

 

我が家へと車を走らせ、日曜日の早朝ということもあり約1時間で帰宅できた。

 

長々と8回にもわたって綴ってきた今回のお伊勢参り。

一生に一度は行ってみたい、と言っていた母の願いを叶えることができて本当に良かった。

旅程に頭を悩まし、電車の乗り継ぎを心配し、

初めて乗る船に多少の不安と期待を抱え、

レンタカーではとんだ目に遭ったけれど、

そんな苦労や心配事は、母の「あー、行って良かった」

という一言で全て雲散霧消。

2人の良い思い出がまた一つ増えた。

そして母が一番今回の旅行で望んでいたご朱印が↓

私も一生大切に取っておくことだろう。

 

読んで下さった方々、稚拙な旅行記を長々とお付き合い頂き、有難うございました。

m(__)m

コメントを残す