ブログ

7.5cmのピンヒールを買いました。

靴を買いました。

7.5cmのピンヒール。

何年いや何十年振り? こんなヒールの高いの。

ずっと憧れてたピンヒールのパンプス。

思い切って買ったのは、来月に姪の結婚式に出席することになってて、

ちょっとおしゃれなフォーマルドレスを着ることにしたので、ついでに。

もともと2、3年前からふいにピンヒールのパンプスをは買いたくなって。

通勤途中でそういうパンプスを履いてさっそうと歩いている女性が目に付いて

「やっぱいいなぁ、キレイだなぁ~、カッコいいなぁ~」って思って、

買いたくなったのはいいものの、靴選びにはずっと苦労続きの私。

3Eとまではいかなないけど、つま先の辺りは結構幅が広めで、

でも踵は細めでサイズは22.5という、面倒くさい私の足。

つま先はきつめなのに踵がカパカパ抜けたりするのはしょっちゅうで、

気に入った靴が見つかってもサイズが無い。

巷で歩きやすくて疲れないと評判が良くても、私が実際に履いたらそんなことなくて。

ましてや22.5のサイズってなかなか無いから、

買うとしたら、シーズン前の出始めに買わないといけない。

ボーーーーっとしてたら、買いそこなう。

去年は同じ色で同じ形で同じ素材のパンプスを3足買って

何とか履けたのは1足だけ。

お店で試着した時は丁度良いのに、

数日経って履いたら小さかったり大きかったり。

靴に関する私の苦労は半端ないんです。

じゃあ、オーダーメイドで自分にぴったりの靴を買えば? と言われそうだけど、

高いし、デザインがあまり良いのが無いし。。。

で、今度買う時は絶対失敗したくない!! って思ったから、

本当に良い物を選ぼう!!と決めて

ネットで散々検索して、時間をかけて選ぶことにした。

“歩きやすくて、痛くなくて、1日中履いていても疲れないパンプス”

というキーワードで。

そして、よさそうなブランドを3つほど絞って、いざ会社近くの百貨店へ。

 

まず一つ目は「COLE HAAN(コールハーン)」

これはやっぱりお値段も一番高いだけあって、フォルムがすっごくキレイ。

履くだけでテンションが上がる!!

そして、口コミのとおり予想以上に歩きやすい。

でも、悲しいかなやっぱり私の足には合わなかった。

踵が若干フィットしない。中敷きを入れたら幾分良くはなるけど、

微妙に合わない。

 

今度ばかりは値段の関係なしに良いものを買うつもりで来たから、妥協したくはない。

だから、とても感じの良い店員さんだったけど

「他の店を見てみます」って言って諦めた。

 

その次に向かったのは「YOSHITO」

ここは一番お値段が手頃だったけど、デザインはおしゃれなものばかりそろっていたけど、

私が欲しいプレーンなパンプスが無くて、ここもボツ。

 

そして、3番目が「ROCKPORT(ロックポート)」

店員さんに22.5cmのサイズを持ってきてもらって、履いてみたら歩くまでもなく大きい。。

あぁ、やっぱり私に合うパンプスは無いのかな。。って落ち込みかけてたら、

店員さんが「これはどうですか?」「この靴は?」っていくつもいくつも持ってきてくれて、

一生懸命探してくれて。

「LANVIN」「REGAL」などなど、ありとあらゆるブランドのパンプスを持ってきて。

だから私もできるだけ試着してみた。

そして、、、結局最後に選んだのはやっぱり「ROCKPORT(ロックポート)」

22.5cmじゃなくて22.0cmで中敷きを引いたらちょうどいい!!

ちなみにヒールは7.5cmもあるのに、その高さがあるとは思えないほど歩きやすくて

ビックリ!!

フォルムは「COLE HAAN(コールハーン)」の方が私の好みだけど、

この「ROCKPORT(ロックポート)」も悪くない。

私のこの太ーーーーーーい足でもきれいに見えるから不思議。

やっぱりピンヒールのパンプスの魔法は侮れない。

 

「うん、これにします!! 」と言ったら、

店員さんが満面の笑顔で「有難うございます!!」って。

 

 

 

(底が滑らないゴムでとっても歩きやすくて、中のクッションはフワッとしてて足に優しい)

 

こういうパンプスって、世間では今「#ku too」なる運動が起こっていて、

「私って、時代に逆行してる? 」なんて思ったりしたけど。

やっぱり仕事の時に履くのは無理がある。

こんなの1日中履いて仕事なんてできない。

外反母趾になったりタコができたりするのは当たり前だと思うし、

ムリに履き続けていると必ず足だけではなくて腰や膝が痛くなったり、

体のどこかに支障が出ると思う。

運動を起こす人の気持ちわかる。

履くことを強要するなんて男性のガチガチに凝り固まった古い考えの象徴ではないの?

実際、スーツにスニーカーというミスマッチも最初は変に思えたけど、

今は当たり前に見る光景になってるし、

サンダルとかミュールはムリとしても、ペタンコのフラットシューズとかローファーとか

ローヒールのパンプスとか時代に即したスタイルがあっていいと思う。

職場によってはスニーカーでもいいかもしれないし。

 

でも、思いっきりおしゃれしたい時もあるし、

パーティーの時とか、エレガントな服に合わせたい時とか、

TPOに合わせてヒールの高いパンプスを履きたい時もある。

服に合わせて多種多様な靴を自在に選べるのは女性の特権? 自由? 権利?、、かな。

 

とにかく、そういう柔軟で自由な選び方をしていけたらいいのに、

と思う今日この頃でした。

 

 

コメントを残す