セミナー, ブログ

加齢ストップチャリティーセミナー開催

今月の24日(土)に博多駅近辺で

「加齢ストップチャリティーセミナー」を開催する予定です。

日本加齢ストップメディカル協会会長で、私の先生でもある

野中慎介氏の呼びかけにより、開催することになりました。

野中氏と私と同期の永沼朋子先生、そして私の3人でセミナーをやります。

チャリティーですので、西日本豪雨災害、大阪北部地震、北海道地震など

被害に遭われた方々へ寄付させて頂きます。

 

その為の原稿作りを昨日は午後から深夜までずっとやっていました。

母が叔母のお見舞いに行っていたので、時々家事をしながらではありますが。

私のセミナーの議題は「食欲ホルモンについて

良い機会なので、復習という意味も込めて勉強し直しながら原稿を作っていました。

ここで食欲ホルモンの中でもグレリンについて少~しだけお話ししますね。

(セミナーの前だけど、サービス(^^)v)

 

食欲ホルモンは、つまり食欲調整ホルモンで、

グレリンとレプチンという2つのホルモンのことをいいます。

グレリンは空腹を感じると胃から分泌し、

脳の視床下部に食事を摂るように働きかけて促します。

と同時に成長ホルモンの分泌も促します。

成長ホルモンは別名「若返りホルモン」とも言われ、

様々な効果があることがわかっていますが、

その中でも、ダメージを受けた肌を修復して、シミやシワ、たるみを防ぎ、

ハリとツヤを保つという効果があります。

つまり空腹を感じる⇒グレリン⇒成長ホルモン⇒美肌

ということになるわけです。

しかし、空腹を感じたからといってすぐに食事を摂ってはいけません。

少なくとも30分以上はガマンして下さい。

そうしないと十分にグレリンは分泌されません。

レプチンは反対に食事を摂り始めて、お腹が一杯になったと感じると分泌され、

食欲を抑え、食べる行動をやめるように脳に促します。

この2つのホルモンがシーソーのように

一方が上がれば一方が下がるというように働いて摂食行動を調節していますが、

加齢とともにこのホルモンのバランスが崩れやすくなります。

そのバランスを崩さないためにも生活習慣を整えていく必要があるんですね。

 

如何でしたか?

今日からグレリンを意識して食生活を考えて貰えると嬉しいです❤

さてさて、昨日久しぶりにチョコチョコっと料理をしました。

友人にメチャクチャ簡単だから! って教えてもらったカルパッチョ。

私、カルパッチョ大好きなんです♪

スーパーでサーモンと鯛のお刺身を買ってきて、サクサクッと10分位で出来ました。

ウン、簡単なのに、美味しかった!!(*^_^*)

コメントを残す