セミナー

母の医者への信頼感。

母は定期的に係りつけの病院で内科、整形外科に通っている。

つい先日も糖尿病の具合を診てもらうために、行ってきたらしい。

 

その時、女性の医師から

「タンパク質を沢山とって下さい。例えば卵や豆腐ですね。

炭水化物、芋類やカボチャなどが好きということですけど、

これはあまりお勧めできませんね。

食べるなとは言いませんが控えめにして下さい。

それと、3食きちんと食べて下さい。1食抜いたりしたらいけませんよ。

食べる順番も考えて。野菜から食べて次に主菜、そしてご飯、というように。」

と言われたと。

そして、その日から忠実にそれを守ろうと

ゆで卵をゆでたり、ご飯を控えめにしたり、野菜中心のおかずを考えている。

 

ん???。。。ちょっと待てよ。

それって私が常々口を酸っぱくして言ってきたよね?

でも、私が言っても「あぁ、そう。。ふ~ん。」みたいに、

左から右の耳に抜けるような感じで聞き流してたよね?

病院の先生に言われると、なんでこうも素直になるかなー!!

その通りに母に言ったら、「そうやったねぇ。」と苦笑いするだけ。

腹が立つやら、呆れるやら。

 

意外と身内の言うことって聞いてくれないものなんですよね。

わかってはいたけど、こうもあからさまに示されると情けなくなってくる。

 

でも、まぁ、健康になる為に努力しているのなら許してあげよう!!

そして、私も母と一緒に健康的な食生活を送ることにしよう(^^)v

 

コメントを残す